確定申告をやり遂げる!

確定申告について

確定申告の準備はお早めに

金曜日, 9月 10th, 2010

こんにちは。
確定申告の納税額が減少したとうお話を前回しましたが、この前ニュースでは、確定申告で確定した所得税の滞納額も昨年と比較して減少したという話題をやっていました。
もともと課税される対象も減っているので、滞納額も減ったという、景気の影響が1番の理由ではないかと思います。
あと、督促のシステムがよくなったからだとか。
とりあえず、確定申告を済ませ、うちの所得税はきちんとまだ支払えてはいます。
が、来年は心配です。
なんだか我が家は不景気です。
旦那さんは、ここ一週間くらい仕事もせずに、ブーラブラではなくて、営業活動ばっかりだもん。
来年、滞納者リストに名前が載らないことを祈るばかりです。
みなさんは確定申告にむけて、きちんと帳簿はつけてらっしゃいますか?
夏休みの間、子どもに、早くに夏休みの宿題済ませてしまいなさい!
あとで大変なことになるよ!!!
と毎日のように言っていましたが、「おいおい、言ってる本人、おめえこそ大丈夫だろうな、確定申告」と心のどこかで言っています。
人に言うのは簡単であって、自分自身が1番出来ていないようです。
子どもたちは、私の指示どおり、早めに宿題を済ませ、悠々と過ごしていました。
「だれか、あたしにも、注意して!!!」
と心の中で叫んでみても、何かを言い訳にして、後回しになる帳簿。
でもね、9月に入って、子どもが学校に行き始めてから、昨日まで、8月分までの記帳、そしてパソコンでの会計ソフトへの入力を済ませました!!!
これで、確定申告の時は去年までの思いをしなくて済むかも。
まず、人に言う前に自分がやろう!これをスローガンにして頑張ります。

確定申告2009年の納税減少

金曜日, 8月 20th, 2010

国税庁の発表では、2009年分の所得税の確定申告の納税額が2年連続で減少したらしいですね。
前年との比較も14.2パーセント減少したとかで、今までで減少は過去5番目だそうで。
このような不安定な景気が続けば、今期分の所得税の確定申告でも減少してしまうんでしょうかね。
原因はやっぱり景気が悪いから。
うちも自営業者なんで確定申告をしていますが、前年と比較して、納税額は大幅に減ってしまいましたもんね・・・・
このまま会社を継続していけるのか、正直毎日不安だわ。
まー、なるようにしかならないけどね。
おかげさまでなんとかかんとか仕事はあるので、息も絶え絶えになりながら仕事はしていますが、周りでも倒産した会社はたくさんありますし、明日は我が身。。。。と心を引き締めて頑張ってはいます。
でも、いくら頑張っても仕事がなくっちゃね。
御飯だべていけませんから。
来年の3月の所得税の確定申告では、笑って過ごせるのでしょうかね。
とりあえず、またギリギリで確定申告が間に合わない!!!って泣いているのは目に浮かぶけど。
3月の確定申告では、たくさん納税できるほど、後半も仕事が盛り返してくれることを祈っています。
それにしてもまだまだ暑いですね。
今日うちの子供達はプールにでかけました。
気持ちいいだろうな~
この夏は、家族で全くどこにも行ってない・・・・
週末は、それぞれ、部活動やスポーツ少年団で予定がぎっしりですし。
平日に旦那さんと海に行ったり~、プールに行ったり~、だけだな。
やっぱり、旦那さん平日仕事休めるんだから、暇なんだよね(泣)

個人確定申告納税額2年連続減少

木曜日, 6月 17th, 2010

こんにちは。
今日はとっても暑いです。
夏です。
ジメジメしてないから、まだマシなのかなー。
最近私のまわりでは暗いニュースばかりです。
町内の個人で事業をしているお宅が破産して、一家夜逃げ・・・・という出来事がありました。
友達のうちには税務調査が入るとか。
なんか明るいニュースはないものか・・・・
このような不景気では下請けの業者様などは大変厳しいでしょうね。
突然旦那さんがリストラにあったとか派遣切りなんて話は私の周りでもそうめずらしくもありません。
明日は我が身・・・といつも感じています。
先日のニュースで国税庁によると2009年分の個人の確定申告の結果、所得税の申告額は2年連続で減少したらしですね。
前年と比べると、14.2パーセントも確定申告による所得税の税額が減少したそうです。
確定申告、今年は納税額0だよっていう個人事業主さんの話もチラホラ聞きます。
中でも土地などの譲渡所得は1番減少しているそうで、景気の低迷が影響しているのは間違いありません。
確定申告での納税額が減ると同時に、還付申告をした方は増加しているそうです。
なんども5年連続で過去最高記録なんだって。
私は、なんとか確定申告を済ませましたが、うちも納税額では前年と比較して減少しています。
新聞やニュースを見ていると、景気は上向きなんて言ってますが、私の方のは全く届いていません(泣)
来年の確定申告は税金はなるべく支払いたくはないけど、納税額がどーーーんと増えていることを願うばかりです。
鳩山さんから管さんに首相が代わりましたけど、本当になんとかして欲しいです。

本日は所得税の振替日です

木曜日, 4月 22nd, 2010

こんにちは。
4月に入りました。
確定申告が終わって、消費税の申告も終わってほっと一息ついているころでしょうか。
確定申告の時期になると、ジャイ子は引きこもりまっしぐらです。
毎年毎年後悔するのです。
なぜ、こんなに溜めてしまったのか・・・と。
毎日、毎週、毎月きちんと会計作業をコツコツとしていれば、そう確定申告の時期になって慌てることもなく決算仕訳をするだけで、終了してしまうことなのに・・・
と確定申告をするようになってから、ずーーーーーーっと毎年後悔しています。
もうそろそろ、気付けよ!みたいな。
それがわかっていても、このぐうたらな性格はなかなか直りませんね・・
2月中旬から、完璧なひきこもり状態が続き、確定申告をするまでの経理をコツコツとしているのならともかく、ただの引きこもりなだけで、体も頭も働かず、気ばかり焦って結局切羽詰って3/15間際に提出している始末・・・・。
来年こそは、がんばるぞー!!・・・って毎年言っているような気がします。
今年も4月に入っていますので1年の約3分の1は期間が経過していますんで、あとの3分の2でどこまで巻き返しが出来ているのでしょうかね・・・
平成21年分確定申告の振替日は、所得税平成22年4月22日(木)本日です。
みなさん口座の残高は確認してありますか?
納付忘れのないようにしましょうね。
ちなみに消費税及び地方消費税(個人事業者の場合)は平成22年4月27日(火)です。
納付が遅れますと、所得税は平成22年3月16日~消費税及び地方消費税は平成22年4月1日~の延滞税がかかってしまいます。

確定申告はe-taxを使ってみよう

金曜日, 11月 20th, 2009

こんにちは。11月もそろそろ終わりですね。
この季節になると気になってくるのが年賀状と、確定申告。
一昨日の11月18日、確定申告のニュースがありました。サッカーJリーグのヤマザキナビスコ・カップで優勝したFC東京の若手の選手たちが、e-taxを体験したというものです。
e-taxといえば、インターネットを使って確定申告できる国税電子申告・納税システムのこと。
ああ、もう確定申告の時期か~~と思われた方もきっと多いことでしょうね。
FC東京の若手選手、米本拓司さんが都内のクラブハウスで、実際にe-taxを模擬体験したそうですが、『とても簡単で解りやすい』とおっしゃったそうですよ。そういえば去年とかは京都の舞妓さんがやっていたような気がしますね。
もし、確定申告をe-taxでやってみよう!と思われている方は、開始届出書というものを、所轄の税務署長に提出(送信)する必要があるそうです。e-taxには、申告、納税及び申請・届出等手続きが全部できる「申告・納税等手続」と電子納税に限定した「特定納税専用手続」の2種類の手続きの方法があるので、気になる人は1度国税庁のHPで確認してみるといいですよ。e-tax専用のサイトがあります。そこに手順などがわかりやすく表されていますし、e-mailでも、確定申告の不明な点について問い合わせが出来ますので、大いに利用してみる価値があると思います。
確定申告は、とにかく早めに始めることがポイントですね!!

確定申告をみんなやりましょう

金曜日, 10月 23rd, 2009

こんにちは。肌寒く冬の訪れを想像できるシーズンになりましたね。そうなると頭をよぎるのは確定申告・・・。あっという間に確定申告の季節になります。今日は確定申告の大原則!
「確定申告をしなければいけない人は誰か?」について、おさらいです。ざっとまとめてみました。
■給与所得があった人
・サラリーマンで給与収入が2000万円を超える人
・給与を1ヶ所から受け取り、給与所得や退職所得以外の所得金額が20万円を超える人
・給与を2ヶ所以上から受け取り、年末調整を受けていない給与とその他の所得金額が20万円を超える人
■退職所得があった人
・1年の途中で退職し年末調整をしていない人
・退職時「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない人で、そのときの源泉徴収税額が正規の税額よりも少なかった人
・退職金以外の収入が少なかった人
■事業所得があった人
・農業、漁業、サービス業などの所得がある人や医者、弁護士、作家など
■配当所得があった人
・株式の配当金をもらった人
・公募株式投資信託の解約益・償還益が発生した人
■不動産所得があった人
・マンションやアパート、自宅等を賃貸する人
・月ぎめ駐車場を所有する人
■譲渡所得があった人
①株式関係
・公募株式投資信託の償還損・解約損・買取損が発生した人
・公募株式投資信託の買取益が発生した人
・株式の売却損益があった人
②不動産関係
・マイホームを売却して損をした人
・マイホームを売却して利益が出た人
③その他
・ゴルフ会員権を売却した人
■山林所得があった人
取得後5年超えの山林を譲渡した人
■一時所得があった人
・5年超えの生命保険や損害保険の満期保険金や満期返戻金を受け取り、
「満期保険(返戻)金支払い保険料」が50万円を超える人
・遺失物取得の報労金をもらった人
・賞金や懸賞当選金を得た人
■雑所得があった人
・年金を受け取っている人。(遺族年金や障害年金、母子年金は非課税なので対象外)
・作家以外の原稿料、講演料、アフェリエイト、ネットオークションなど副業で収入があった人
・外貨預金で為替差益があった人

副業の確定申告 つづき

金曜日, 9月 25th, 2009

こんにちは。すっかり秋めいて来ましたね。私が秋を感じるのはやはり味覚からでしょうか、
マツタケを食べると『秋だなぁ~』なんて感じてしまいます。
さて、本題に戻しましょう。今回も、副業の確定申告についてです。サイドビジネスをされている方は、所得金額が年間20万円を超えた場合、確定申告をやらなくてはいけないということは、皆さんよくご存知だと思います。これは、実際の「収入金額」から「必要経費等」を差し引いたものが、「所得金額」になりますね。
そして、この1年間という期間は、毎年1月1日から12月31日までになることもご存知だと思います。
企業などに勤めている私たちにとっては、1年間の区切りといえば、4月1日から翌年3月31日、という感覚がありますし、実際に決済なども3月末締めというところが多いと思います。つまり、確定申告の対象の期間とは異なるんです。ここもしっかり忘れないでおきたい項目です。
そして、注意点として、1年間の副業での所得金額が20万円以下だったという場合でも、「確定申告」をしなくてはいけないということがあるんです。最近の小説ブームの影響でしょうか、副業で原稿の執筆をする人が増えているそうですが、この場合を例にすると、「原稿料」から、1割の所得税が源泉徴収されているケースがあり、そのため、すでに天引きされてしまっている所得税は、「確定申告」をしない限り、戻ってこないということになります。確定申告で、これは注意しておきたいポイントですね。

確定申告は国民の義務?!

水曜日, 8月 26th, 2009

こんにちは。もう夏も終わりそうなくらい、朝晩は冷え込むようになってきましたね。
さて、 最近の話題といえば・・・総選挙!自民か、民主か、かなり盛り上がっていますね!!投票は国民の権利ですから、みなさん投票に行きましょう!!
さて、国民の権利、なんて書いちゃいましたが、じゃあ、国民の義務ってなんだと思います?昔、学校でちゃんと習いましたね~。3大義務を全て答えられますか?
日本国憲法で決められている国民の義務は以下の通り。
・教育を受けさせる義務(第26条第2項)
・勤労の義務(第27条第1項)
・納税の義務(第30条)
みなさん、ちゃんと果たしてますか!納税は国民の義務なんですよ!
確定申告はちゃんとしなくちゃいけません。
でも、考えようによっては、確定申告は権利にもなります。
つまり、「節税」すること。間違っても「脱税」はNGですよ!
サラリーマンは、「給与所得」で税金が源泉徴収され、年末調整しますね。
年が明けると、周りは確定申告の話題で盛り上がりますが、サラリーマンだし関係ないや~って
思っている人が多いのでは?でも、そんなことは無いんですよ。
確定申告をするのは自営業者、というイメージは確かにありますが、
あなたがもしサラリーマンだったとしても、
確定申告をしなければならない人(この場合は義務)、あるいは、
確定申告をすれば税金が戻ってくる人(この場合は権利)があるんです。
これをしっかり理解しましょう。確定申告への考え方が変わりますよ!

確定申告で会社に副業はバレない?

水曜日, 7月 15th, 2009

最近は大不況も手伝って、副業されているサラリーマンの方も多いのではないでしょうか。
「副業OK!」な会社も増えたそうですが、ある程度不況の底は打ったということで、1度OKした副業をまた禁止し始めることにした企業もあるとか・・・。ちょっと振り回されている感は否めませんよね。
今回はタイトルどおり、「確定申告をすることで、副業をやっていることが会社にばれないかどうか」についてお話しします。
会社に内緒で副業をしている人にとっては大問題。確定申告なんかしたら会社にバレそう!
だから確定申告するのはイヤ!!よくわかります。笑
でも、ですよ。
確定申告しないことで、税務署が会社に調べに来たらバレますよね?!
確定申告してもバレる可能性がある。どっちにしてもバレそうな気もします。
まず、どこからバレるかといいますと、住民税なんです。ご存知でしたか?
会社の収入分にかかる住民税と、副業の収入分にかかる住民税を
会社の住民税で一緒に徴収してしまうと、もれなく会社に通知が行き、バレるという仕組みです。
だったら、一緒に徴収しなければいいんです!!
確定申告の用紙、「確定申告第二表」の右下のほうを読んでみてください。
「住民税・事業所税に関する事項」の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」で、
「自分で納付」(普通徴収)というのにチェックすればいいんです。「事業所得」「雑所得」はこれでOK!
しかし逆に、2箇所とも給与所得のケースだと、市役所や区役所に「住民税、バレないようにして!」とお願いするしかありません。うまくいくかどうかはあなた次第!税務署に聞いてみてくださいね。

無職の人も確定申告が必要!その2

月曜日, 6月 22nd, 2009

6月も下旬ですね。梅雨らしい季節になっています。
今回は、前回に引き続いて「無職の人も確定申告が必要!その2」ということでお話をしたいと思います。
会社を退職するときには、多かれ少なかれ退職金がもらえますよね。もし大企業ならば、企業年金基金などから退職一時金が支払われるかもしれません。しかし、残念なことに実はこれらにも、税金はしっかりかかってしまうんです。
退職金は、他の所得と合わせて計算してしまうと、かなり大きな金額になり、課税額が多くなってしまいますよね。
それを避けるため退職金などは「退職所得」に分類され、他の所得とは分けて課税されることになっています。
課税額は「退職所得」から「退職所得控除」をひいて、さらに半分にした金額にかかってきます。
「退職所得控除」は、具体的にはどのように算出するかというと、勤続年数が20年以下の場合は、40万円×勤続年数(80万円以下の場合は80万円)、勤続年数が21年以上の場合は、800万円+70万円×(勤労年数−20)という計算方法になります。
ちなみにこの所得税、退職金をもらう時に「退職金所得の受給に関する申請書」を提出します。そうすればこの計算が適用され、事前に正しい所得税が徴収されてから退職金が支払われます。もしこの書類を提出していない人は、確定申告を行って税金を還付してもらってください!もし確定申告で不明な点があれば、遠慮しないで税務署に聞いてみることをオススメします!

« Previous Entries